製品紹介

ジョイントBOXカルバート
小断面ボルトジョイント式ボックスカルバート

特 徴

  1. 工場製品ですから均一な品質、充分な耐久性が保障されています。
  2. 標準化された製品ですから、経済的です。
  3. 施工は基礎地盤上に据付けるだけですから、大巾に工期を短縮できます。道路横断等、緊急の工事の場合最適です。
  4. ジョイントを締めつけることにより、シール材が圧着され、防水効果が充分に発揮されます。

製品の形状

寸法表

築造姿図(製品施工上の注意)

  1. 製品を1cm程度浮かせる。
  2. ひきよせてボルトを締めつける。
  3. ボルトの締めつけは左右均等又はシール材が圧着する程度でお願いします。

設計条件

荷重

  • 土被り H = 0.5 - 3.0m
  • 道路面荷重 T ー25
  • 衝撃係数 衝撃係数

単位重量

  • 土砂 γs = 18kN/m²
  • 鉄筋コンクリート T ー25

土の物性

  • 静止土圧係数 KΑ = 0.5

許容応力度

  • コンクリートの曲げ圧縮応力度 δc =11.5N/ mm²
  • コンクリートのせん断応力度 τa =0.5N/mm²
  • 鉄筋の引張応力度(SD30) δs =160N/mm²

※ 標準土被り以外は別途計算します。

施工図

Joint Box 据付歩掛

雑工種(基礎砕石)

雑工種(均しコンクリート)
※歩掛は平成23年度 国土交通省 土木工事標準積算基準書『PC鋼棒を使用しない据付』に準じています。
※雑工種【基礎砕石】は据付歩掛に28%、雑工種【均しコンクリート】は据付歩掛に52%を乗じた数値です。
※歩掛に含む詳細は平成23年度 国土交通省 土木工事標準積算基準書をご覧ください。

雑工種(均しコンクリート)

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP